CBD Store

雑草化合物

NCSは、1964年に東京有機化学工業(株)により開発、登録されたジチオカーバーメート系の化合物で、土壌中の病原菌、害虫、線虫及び雑草種子など広範囲に効果を示す  本化合物. は、水田で問題となる幅広い雑草種に対して低薬量で. 卓効を示す。また、その物理的化学的性質より、日本. の水稲栽培で使用される粒剤、ジャンボ剤、フロアブ. く除草効果を示すスルホニルウレア系化合物(以降S. U剤)が、主な成分として広く用いられてきた。 SU剤は単体でもノビエを除く水田の主要雑草に高. い除草効果を示し、  2009年3月6日 有効成分は新規の化合物で、ヒエに卓越した効果を示すことはもちろんのこと、広葉類、カヤツリグサ科雑草に対しても幅広く効果を示すのが特長。 イネ科雑草を英語で訳すと gramineous weed; grassy weed; grass weed また、スルホニルウレア化合物を利用してイネ科、カヤツリグサ科、広葉雑草を選択的に除草  FC剤は土粒子に付着して、セメントと土粒子の固化反応を阻害するフミン酸・リグニン酸などをアルコール類やカルボン酸などの低分子化合物に分解し、セメントと土粒子に 

背景と目的]: 市販されている除草剤は常に抵抗性雑草の発生リスクが存在することから、新たな農薬のリード化合物の開発は重要な研究テーマです。そこで、合成物よりも 

作物には安全で、雑草だけを枯らすことができるのは、 1.作物は除草剤を酵素によって影響のない化合物に分解できるのに対し、雑草にはそのような分解酵素がない。 2. 2000年12月10日 あった農耕地の雑草防除技術が優れた多くの除草剤. の普及によって して雑草学との関係を考察すると, 先導化合物の発. 見には, 植物ホルモンや  背景と目的]: 市販されている除草剤は常に抵抗性雑草の発生リスクが存在することから、新たな農薬のリード化合物の開発は重要な研究テーマです。そこで、合成物よりも  蔓性植物の抑草剤に利用可能な新しい化合物. 植物の重力屈性を阻害することで、蔓性雑草の繁茂を防止する新たな農薬の開発などに役立つ可能性のある化合物の研究 

施工厚さ3センチ). 除草剤、有機化合物は一切使用していません。環境にやさしい商品です。 アルカリ性ですので(約Ph9.7)雑草が生えにくくなります。 施工後は、土壌表面 

2001年12月3日 ②*1)スルホニルウレア(以下SU)系除草剤抵抗性雑草に、卓越した効果を ⑤本剤を含んだ水の水田外流出を極力避けるため、低水溶解度の化合物を、  北興化学工業株式会社について分かりやすく解説します。 2013年7月1日 その結果夏に大量発生してリンや窒素化合物を吸収しても、だんだん寒くなってくると腐ってきてまた水の中に戻ります。水の中に戻るならまだしも大量に  研究対象となったのは、つる植物の1種であるヤブガラシという雑草です。 そして、研究の結果、ヤブガラシは葉の中に含まれるシュウ酸化合物によって仲間と多種を区 

同一な酵素合成阻害作用をもつ、ベンスルフロンメチル、ピラゾスルフロンエチル、イマゾスルフロンなどの化合物で、多くの雑草に高い効果を持つことから、水稲用除草剤の 

本化合物. は、水田で問題となる幅広い雑草種に対して低薬量で. 卓効を示す。また、その物理的化学的性質より、日本. の水稲栽培で使用される粒剤、ジャンボ剤、フロアブ. く除草効果を示すスルホニルウレア系化合物(以降S. U剤)が、主な成分として広く用いられてきた。 SU剤は単体でもノビエを除く水田の主要雑草に高. い除草効果を示し、